MENU

googleインドアビュー

Google マップ インドアビューとは?

Googleマップ インドアビュー(おみせフォト)は、ストリートビューのように室内を360°のパノラマで見渡すことのできるサービスです。Google マップやGoogleの各種サービスと連動し、効果的な情報発信を行うことができます。その為、パソコンやスマホのブラウザを通じて、まるでその場に居るかのようにお店の中を自由に見渡すことが出来ることから、特に来店型のサービスを展開されている企業・店舗様にとって、来店率・予約率を高める効果が期待できます。また、ご自身のHPやブログにも簡単に埋め込むことができ、急増するスマートフォンからのアクセスにも対応するPRツールです。(一部端末からはご利用いただけないことがございます。)
※弊社はGoogleインドアビュー認定パートナー株式会社ソラリオ(旧 株式会社ザイオン)の『福岡県エリアパートナー』です。


写真の上でマウスをドラッグする事で、店舗の内部を360°見回す事ができ、進みたい方法をクリックすると施設内を移動することができます。

 

Googleマップ インドアビューの導入メリット

PR効果と来店率UPの効果が期待できる

初めて行く居酒屋、温泉旅館、美容室など、ホームページの写真を見て予約したけど、イメージと違っていた…。そんなご経験ございませんか?例えば、居酒屋。忘新年会や打ち上げ、女子会などの幹事を任せれた方にとって、お店の雰囲気も選択する上で重要な要素のひとつ。しかしながら、お店の雰囲気を事前に調べるには、実際に足を運ぶか、ホームページやレビューサイトの写真を見て判断するしかありません。インドアビューがあればその場で雰囲気も確認でき、安心してお店を選んでもらえます。

Googleとの連動による検索効果UP

Googleマップ インドアビューを導入すると、サムネイル画像がGoogleの検索結果及びGoogleマップからの検索でリストに表示され、露出が多くなりますので目に留まる可能性がUPします。さらに店内を実際に歩いているかのような体験ができますのでクリックされやすくなり、お店のGoogle+ ローカルページへと誘導することができます。お店を検索する際、Googleマップを使用することが多いことから、複数要素で効果を上げることができることは大きなアドバンテージなり、特に競合店の多い地域、業種であれば、インパクトあるPRは必須と言えます。

Googleインドアビュー
Googleインドアビュー

店舗検索から予約までスムーズに誘導!

スマートフォンのユーザー数は年々増加しています。多くの人がGoogleマップを使って店舗等、検索しており、Googleマップから簡単にお店を検索できることがますます重要になってきています。インドアビューは、スマートフォンからスムーズに閲覧する事ができますので、店舗検索→インドアビュー→電話→予約と、一連の流れがスムーズ!インドアビューを導入していない競合店舗と比べると大きなアドバンテージになり得ます。

HPやブログなどにも簡単に設置可能

Googleマップ インドアビューを表示させるためのタグの設置は、googleマップを表示させる方法と同じ要領なので、とっても簡単。お客様がお持ちのホームページやブログ等あらゆる場所にインドアビューを表示させることができます。ショップカードや名刺、雑誌広告やフライヤーなどにGoogleマップ インドアビューのQRコードを貼り付けて、店内を直接ご覧いただけるようにするなど、活用方法は様々です。

Googleインドアビュー

Google マップ インドアビュー閲覧方法

googleの検索から表示

Googleの検索からお店や施設のキーワード検索すると、候補のお店が検索結果に出てきます。 キーワードに関連したお店や施設の地図やGoogleインドアビューが検索結果ページに表示されます。
※検索結果は必ずしもお約束できるものではありませんのでご了承ください。

Googleインドアビュー
Googleインドアビュー

Googleマップから表示

Googleマップから検索をかけてもインドアビューをご覧いただけます。 お店や施設の情報、ルート・乗換、インドアビューがある場合、表示されます。

Google+ローカルから表示

Google+のお店や施設のページからもインドアビューに入れます。 内容を充実させることによりお店や施設の様々な情報と共にインドアビューを表示することができます。

Googleインドアビュー

業種別インドアビューの活用例

ショップ、モデルハウス、ショールームなど

アパレルショップや雑貨店など、内装や雰囲気もこだわったお店が多くお客様に対してアピールしたいポイントですよね?実際にお店の中を歩いて見て回る様な感覚で、お店にどんな商品があるのかを楽しく伝えることができます。家具や車などのショールーム、マンションや建売住宅などのモデルハウスでは、事前に得られる情報が多ければ多いほど安心感へとつながり、購入・見学を検討されているお客さまに対して、意欲を高める効果も期待できます。

 

温泉旅館、飲食店、美容室など

はじめてご来店・ご宿泊いただくお客様が、web上で事前に店内やお部屋の雰囲気をわかりやすくイメージできることは、お客様にとって大きなメリットとなります。広さや席数、雰囲気など通常の静止画写真では伝えきれない部分も見やすく表示できるため、お客様が予約、ご来店いただく際の確認などにもお使い頂けます。特に温泉旅館などは事前に外から部屋の中を下見することが難しいため、部屋の中をインドアビューで公開することは安心感・信頼感へとつながります。

 

劇場、貸オフィス、貸スタジオ、結婚式場など

劇場では、様々な座席からの眺望を、その場にいるかのように紹介することができますので、チケット予約の際の手助けになります。また、舞台の広さや控え室の大きさ、入口からの導線も案内できるため、出演者様や貸切を検討される方の下見にもお使い頂けます。スタジオや貸オフィス、結婚式場では、スペースや設備をわかりやすく紹介することができます。

 

介護施設、病院、クリニックなど

病院・介護施設への入院・入居を比較検討する上で、病室・居室の雰囲気や広さ、清潔感など重要な判断材料となります。はじめてのお客さまに、事前にweb上で施設の魅力をアピールすることで、訪問の機会を生み出していきます。

 

会社紹介・町歩きマップなど

採用ツールとして、オフィス内を紹介し働くイメージを持たせることに役立ちます。社員が変装するなど遊び心のある演出など企業の特色を出すことで、オフィスの雰囲気を伝える事も可能。より印象に残りやすくなります。また、商店街や歴史ある街並などの観光スポットでは、雑誌などの紙媒体にインドアビューのQRコードを掲載するなど街の魅力を最大限に伝えることができ、地域の活性化にもつながります。

 

その他の施設

ホテル、ショッピングモール、学校、寺社、博物館、遊園地、図書館、観光スポット、ビル一棟全てを含む商業施設など、様々な業態、規模の大小問わず撮影が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

公開までのスケジュール

 

1、お申込み

お電話または、弊社ホームページよりお申し込みください。
TEL:092-415-1390(担当:藤木)

 

2、導入条件の確認

Googleマップ インドアビューをご利用いただく際に必要な、Google+ローカルに登録されているかどうか確認させていただきます。

 

3、お見積り・撮影のご依頼後、撮影日決定

次項の「撮影方法と規定について」では判断が難しい場合や、撮影面積やポイント数が多い場合はお見積書を作成させていただいております。その際、図面の提供をメールまたはFAXでお願いする場合もございます。お見積りはFAXまたはメールにてお送りいたします。お見積書の金額でよろしければ、撮影をご依頼いただき、撮影日を決定いたします。

 

4、撮影

撮影は平日の8時~20時の間で行います。土日祝日、平日20時~翌8時の撮影をご希望の場合は、別途、時間外撮影費がかかりますので、予めご了承ください。
撮影の所要時間は平均2~3時間程となります。施設内の整理整頓、撮影するポイントを事前に決めておくと、当日の撮影がスムーズです。
※撮影自体はGoogleインドアビュー認定パートナーの株式会社ソラリオ(旧 株式会社ザイオン)が行います。

 

5、コンテンツ制作

パノラマ写真のつなぎ合わせ、データ登録等の作業で約10~14営業日ほどお時間をいただいております。

 

6、入金確認・納品

撮影後、ご請求書をメールにてお送りいたしますので、ご請求金額確認後、1週間以内に指定の銀行口座までご入金ください。
ご入金を確認後、Googleマップへの公開作業を行います。公開確認後、メールまたはお電話にてご連絡させて頂きます。お客様ご自身でGoogle マップ以外のホームページに設置することもできますので、詳細についてはお気軽にご相談ください。

撮影方法と規定について

Googleインドアビュー

インドアビューの撮影にはGoogleが定めた規定があり、規定に沿って撮影を行う必要があります。

  • 1箇所につき、90°ごとに4方向を撮影します。その際1方向につき、明るさを変えて3枚撮影し、これを4方向で計12枚写真を撮り合成します。このことを『1撮影ポイント』と呼びます。
  • 品質確保のため、店内最低4ポイントの撮影が最低限必要となります。
  • 特にお客様からご要望がない場合、エリア内にカメラマン1名のみが居る形(無人の状態)で撮影します。
  • 1つの店舗につき、上限200ポイントまで撮影可能です。
  • 約5m間隔で撮影ポイントを設けます。
  • 部屋から部屋へまたぐ場合は、ドアの前後約1m以内を撮影する必要があります。
  • 経路上にある物や壁などを飛び越えるような撮影は行えません。迂回するように撮影します。
  • 施設外観は、無料で撮影します。
  • Googleのプライバシーポリシーにより、人の顔と車のナンバープレートにはぼかし処理を施します。